キャッシングに役立つ基礎知識

私も何もしらずに適当に申し込んだら一度困ったことがあったよ。必要な書類も知らなかったから余計に時間掛かったし。やっぱりちゃんと調べてから借りるべきだね。

このページでは申込から返済までの情報が整理されているぞ!カードローンは近年借りやすくはなっているがその分何も考えないで借りてる人間も増えとる。いくら借りやすくても借金じゃから名。気をつけないとだめだぞ。

キャッシングに役立つ基礎知識

申し込み方法と資格や必要書類について

キャッシングは多くの人に利用されている便利なサービスであるとはいえ、初めて利用しようと考えている人にとっては必ずしも簡単に利用できるものではないかもしれません。キャッシングのイメージが先行して申し込みをためらう人もいるでしょう。審査に落ちるとどうしようと考える人もいらっしゃるに違いありません。まずはキャッシングの申し込みとその資格について考えてみましょう。
キャッシングに申し込める資格はどのようなものがあるでしょうか?多くのキャッシング会社で設けられている資格は、満20歳以上で安定した収入があることです。銀行ローンなどとは異なり保証人や担保が必要ないのが、キャッシングの手軽で利用しやすい点といえます。
安定した収入がある人であれば、パートやアルバイトの方や主婦でも契約ができるというキャッシング会社はたくさんあります。またキャッシング会社によって、あるいは融資希望額の規模によって審査の基準は異なりますので、一社の審査を通らなかったというだけで申し込みをあきらめる必要はありません。
申し込み方法はどのようなものがありますか?これまで多く行われてきたのは、店頭や無人契約機での申し込みや電話や郵送での申し込みです。店頭や無人契約機での申し込みの場合、オペレーターや窓口で親切にガイドしてくれますので分かりやすいことや、その場で審査結果の通知やカード発行まで行ってくれることが大半であるというメリットがあります。
最近増えてきたのはWEB申し込みです。
インターネットが普及したことに伴って、多くのクレジット会社ではホームページを通したキャッシングの申し込みが可能になっています。このWEB申し込みの良い点はたくさんあります。
例えば、ホームページには多くの会社では簡易審査があります。つまり匿名で自分に申し込み資格があるかどうかを診断してくれるというものです。それに基づいて申し込みを行うことができますので、審査に落ちたら恥ずかしいと考える方にとっても利用しやすいシステムです。
WEB申し込みの場合でも、一定の条件を満たしているならば即日融資を行ってくれるというキャッシング会社もあります。
どのような方法で申し込むとしても必要になってくる書類があります。それは、身元証明書類と収入証明書類です。
身元証明書類は運転免許証やパスポート・健康保険証です。収入証明書類は会社によっては融資規模によっては不要という会社もあります。源泉徴収票や確定申告書・給与明細などがこれにあたります。

金利の法改正と現状

キャッシングと聞いて多くの人がイメージするのは、金利が高くて返済することが困難というものでしょう。確かに利用に際して慎重に考慮する必要があるのは事実です。
しかしキャッシングに関わる法律の改正に伴って、金利が以前よりも多くの場合低くなっていることをご存知でしょうか?
これまでは多くのキャッシング会社が29.2%という金利で貸付を行っていました。
これは出資法に基づく金利でしたがグレーゾン金利と呼ばれるものでした。法律のあいまいさを逆手に取った「みなし弁済規定」によって本来の制限金利を超える金利が課されていたのです。
しかし最高裁での判決や貸金業法の改正によって、みなし弁済規定の廃止、出資法による金利が20%に引き下げられることによってグレーゾーン金利は廃止されたのです。
つまり数年前に比べると10%近くも金利は下がったことになります。
こうした改正によって現在の金利は業者によって異なりますが、おおむね3%~20%程度となっています。
これほど金利に開きがあるのはなぜでしょうか?
融資額や融資目的、融資を受ける人の信頼によって金利は異なってくるからです。
融資額が多いと金利は一般的に低くなります。融資額によっても異なりますが、100万円未満の借入の場合は多くの会社では18%程度の金利と考えるのが良いでしょう。
この金利18%というのは年利です。1年借りた場合に支払う利息が借りた金額の18%という意味です。
ですからそれよりも早く返済するならば利息はもっと安く済むということになります。つまり払う利息を少しでも減らしキャッシングを賢く使うコツは、少しでも早く返済することです。

主婦の資格審査と総量規制

主婦でもキャッシングの資格があるでしょうか? キャッシング会社が定める基本的な資格は、「安定した収入が見込める方」というものです。
ですからパートやアルバイトであっても契約をしてくれるキャッシング会社は多数あります。それぞれのキャッシング会社によって細かい審査基準は異なりますので、パートやアルバイトの時間がたとえ短時間であったとしても契約が可能というキャッシング会社も存在します。
それで一つの会社の審査に落ちたとしても別のキャッシング会社を探すことも可能です。
では専業主婦がキャッシングを申し込むことは可能でしょうか?
条件を満たせば不可能とはいえませんが、厳しいのが実情でしょう。 キャッシングにかかわる法律である貸金業法が改正されたことが一つの要因です。
改正された貸金業法では「総量規制」という決まりが存在します。
これは年収の3分の一を超える貸付は基本的に行えないというものです。
つまり基本的には収入が0である専業主婦の場合は貸付を行えないことになります。
しかし貸金業法の例外として、「配偶者貸付」という形で主婦が借り入れることが可能な決まりもできました。
これは配偶者の年収と合算して、二人の貸付合計金額が二人の年収の3分の一までは可能であるという法律です。
しかしこの場合配偶者の同意書と続柄を示す書類(住民票など)と配偶者の収入証明書類などが必要になりますので、
夫に内緒で借りたいと思う主婦の方には難しいでしょう。 そして多くのキャッシング会社ではこの配偶者貸付に応じていないのが現状です。
しかし主婦や女性を対象としたキャッシング会社では状況によってキャッシング契約を可能としていますので探してみることができるでしょう。
別の方法としては銀行キャッシングを活用するという方法です。
なぜ銀行キャッシングなら良いのかというと、銀行キャッシングは総量規制の対象外だからです。
審査が厳しい側面もありますが、主婦を対象にしたキャッシングサービスを行っている会社もありますので検討してみることもできます。
専業主婦に対する貸付が難しくなっている現状から、主婦を対象にした悪質なキャッシング業者も存在していますので十分に注意して検討することをおすすめします。

複数社借り入れとおまとめローンの概要説明

複数の会社からの借入がすでにある場合、新規の申し込みはかなり難しいと考えるのが妥当です。
キャッシング会社の審査で最も注目される点の一つは、既にどれほどの借入があるのか、どれほどの会社から借り入れているかという点だからです。
2社以上の借入がある場合には、新規の申し込みに応じてくれるキャッシング会社はかなり限定された会社になるでしょう。
複数のキャッシング会社から借入を行っている人の場合、「おまとめローン」を使うことを考慮するのも一つの方法です。
おまとめローンとは1つの会社に借り換えをして返済を行ってゆくことです。最近は多くの宣伝がなされているので耳にした方も多いことでしょう。
おまとめローンを使うメリットは何でしょうか?
一つは返済日が一つにまとまることによって返済スケジュールがたてやすく返済の手間が減ることです。
またおまとめローンによって低い金利で借り入れを行うことができるかもしれません。
複数の借入を一つにまとめることで、いわば1社から高額の融資を受けることになりますので低い金利が適用されやすいわけです。
もちろんおまとめローンを申し込むためにも審査が必要ですが、
複数社からの借入がある方は、新規の借入先を探すよりもおまとめローンでローンを一括してしまう方がお得といえるでしょう。
キャッシング会社によっては追加借入ができる会社もありますが、
それではいつまでたっても返済が終わらないことになります。
おまとめローンの申し込みが難しいようであれば、現在借入をしているキャッシング会社の中で最も低金利な会社を選んで、返済のための融資額の増枠を相談してみることもできるでしょう。

キャッシング審査とインターネットによる簡易審査

キャッシングを申し込む方にとって、不安要素の大きな点の一つは審査に通るかどうかという点ではないでしょうか。 審査の基準はキャッシング会社によって異なるものです。
しかし一言で言うならば、返済能力の有無と信頼できるかどうかという点に要約されます。
ですから審査を通過するためのポイントとしては、信用情報を偽らないことです。相手は審査のプロでありこちらが偽った情報を述べるならば容易に見破られてしまいます。
ウソをついて借入を図ることはまず不可能と考える方が賢明です。
一般的には金利の低い銀行キャッシングよりも消費者金融でのキャッシングのほうが審査基準は緩めと考えることはできるでしょう。
審査に通る確率を上げる方法としては、複数の会社にキャッシングの申し込みをしないことです。キャッシングの申し込みを行ったという履歴は数年間残るようです。
ですから短期間に複数の会社に申し込みを行った人は、よほどお金に困った切羽詰った人とキャッシング会社からは判断されるわけです。その場合審査はより慎重になされることになるでしょう。
逆にこれまで借入がなかった方は信頼されやすいといえますし、借入があったとしても遅延や延滞が無い場合も信頼できる人という事で審査は通過しやすいといえるかもしれません。
ですから既に借入がある方も計画的に返済を続けることが次回にもつながって行くことを意識すると良いと思います。
どこに審査を申し込むが大切であることは理解できた事と思います。
ではどのようにキャッシング会社を選べばよいのでしょうか? 一つの便利なシステムとしては、インターネット上で無料キャッシング一括審査を申し込むことです。
これはキャッシング会社がホームページ上で行っている簡易審査を複数の会社分まとめておこなえるものと考えることができるでしょう。
匿名で行えますので個人情報が漏れることや審査履歴として残ることもありません。
一括審査によって自分にあった会社を探し、絞り込んだ1社に審査の申し込みを行うことで自分にあったキャッシング会社を選ぶことができ、審査も通りやすくすることができます。
複数のページにアクセスして簡易審査を何度もうける手間を省くことができますので時間の面でも節約を図ることができますので便利なサービスの一つということができるでしょう。

返済と利息計算の仕方、返済金額を少なく済ませるコツ

キャッシングの返済は通常毎月1回キャッシング会社と定めた日付にしたがって返済を行ってゆきます。
返済には当然元金に利息を加えた金額を返済してゆくことになります。
返済は、口座からの引き落とし、キャッシング会社の口座に振り込み、提携ATMを通じた返済などの方法が一般的です。
キャッシング会社を決める点で返済しやすい会社を選ぶのも一つの方法でしょう。
返済には当然のことですが、元金に利息を加えた金額を返済してゆくことになります。
利息はどのように計算することができるでしょうか?
例えば金利が18%で100万円借りたとします。
そしてそのお金を30日後に返済したとすると返済額は、
100万円×30日間×0.18÷365日=14794.5円となります。
つまり利息は14794円払う必要があるわけです。
計算式を見ると分かるように利息は返済する期間が長くなればなるほど高くなることになりますし、返済期間が短ければ短いほど少なくて済みます。
毎月の返済金額を少なく設定すると、月々の負担は少なくて済みそうに思いますが、
トータルで返済する金額は非常に膨らんでしまうわけです。 ですから返済負担をできるだけ減らしたいと考えるなら、なるべく短期間で返済するようにすることです。
借りる前に返済期間についても考慮するのは大切なわけです。
ボーナス時期など多めに返済できるという時には、まとめて返済することで利息額を減らすようにするのも賢明な方法です。
別の賢い方法は、一定期間無利息というサービスを活用することです。
例えば初回の借入の場合、1ヶ月間は利息無料や1週間利息無料というサービスを行っているキャッシング会社があります。
そうしたキャッシング会社を用いることによって、利息を減らすことができますし、
利息無料期間内に返済することで元金だけを返済することも可能となります。
キャッシング会社によっては借入完済後の新たな借入の場合は、
一定期間利息無料サービスを再度受けることができるというサービスを展開しているところもあります。
上手に活用するならば返済金額を減らすことは可能ですので、キャッシング会社を選ぶ際の一つの条件とすることもできるでしょう。

キャッシング会社を選ぶポイント

キャッシング会社を選ぶ点で考慮すべき点があるでしょうか? 恐らく多くの人が気にするのは金利が低いかどうかということでしょう。これは返済金額に関係するところですから当然重視すべき点であるのは確かです。
しかし自分の求める条件にかならずしもかなっていない場合もあります。
例えば銀行キャッシングは金利も低いので利用したいと思う人は多いでしょうが、審査に時間がかかるため実際に借入をするまでに時間が必要なケースもありますし審査も比較的厳しいケースが多いでしょう。
そう考えると即日融資を受けたいという方にとっては不向きなものです。ですからその場合には金利に加えて審査スピードや審査基準も考慮すべき点となるわけです。
ですから自分が求めるサービスが何かを明確にすることがキャッシング選びの第一歩となります。
それに加えて考慮できるポイントはキャッシング会社が展開しているサービスです。
一定期間無利息サービスや商品券を契約特典としてつけているキャッシング会社もあります。
忘れがちな点ですが、返済しやすいキャッシング会社を選ぶことも大切なポイントです。
例えば毎月の返済はどのように行えますか?近くのコンビニで済ませることができるならば返済の手間がぐっと減ります。
提携ATMでの返済の際の手数料はかかりますか?そうした点も事前に調査しておくことも大切な要素といえます。
キャッシングは借りる際の金利や審査に目がいってしまいがちですが返済期間の方が長く続くことを考えると、返済方法をしっかりとしておくことも賢いキャッシング会社選びの重要なポイントといえるのです。
そして信頼できる会社を選ぶことは大きなポイントです。悪質な会社が存在することも事実であることを忘れずにいましょう。比較的大手の会社を選ぶことも失敗しないキャッシングの秘訣といえます。


用途別で選ぶ

今日借りれる会社一覧

必見コンテンツ

申し込み方法と資格や必要書類について

申込方法ごとのメリットと揃えるべき必要画像について


主婦の資格審査と総量規制

専業主婦の方でも借りる方法を徹底解説!


複数社借り入れとおまとめローン

借金が多すぎて、管理がややこしい!そんな方はおまとめローン!


キャッシング会社の選び方

キャッシング初心者には、わからないことだらけ!そんな人に会社の選び方を解説!


カードローンなんでも比較

このページを見た人はほかに、こんなページを見ています。

キャッシングの豆知識

キャッシング初心者には、わからないことだらけ!そんな人にも優しく解説


キャッシングのQ&A

キャッシング初心者につきものの、疑問点にお答え!


※当サイトの総合人気ランキングは下記の「キャッシング・カードローンについての意識調査」より、
資料内「使用したキャッシング・カードローンの満足度」を元に掲載しております。
調査概要は下記のとおりです。
調査概要:調査の企画:レゴリス カードローン事業部 担当 山下
調査の目的:キャッシング・カードローンについての利用実態と満足度を明らかにする。
調査の方法:提携媒体(キャッシング比較情報.com)における投稿フォームを設置し、投稿を募集。
提携先URL:http://xn--nckgu1cyjxdp264a6lo7oxpn4f.com/
調査地域 :日本国内
母集団:キャッシング・カードローンを利用した経験がある、申込みの経験がある方
調査の対象:各サービス提供会社(8社)ごとに18名づつ無作為抽出
有効回答:144名
調査の期間:2017年6月1日~随時取得

調査結果はこちらです。